管理人の日々の気になったこと

生野陽子が実家のコネでフジテレビに入社したといわれる胡散臭い噂

2014年同期のアナウンサー中村光宏との結婚と同時に朝の情報番組「めざましテレビ」の卒業を発表した生野陽子ですが、実家はかなりの金持ち、しかも国会議員・麻生太郎の後援会の会長をしているのでは?といった噂があるようです。

生野陽子 実家 画像1
福岡県出身で福岡大学を卒業した生野が、いきなりフジテレビに入社したこともこの噂に大きく関わっているのだとか。いったい、どういうことなのでしょうか?

 

実家の父親は公務員?裁判官説やテレビ西日本重役説も?

wikipediaによると生野の父親は公務員で、幼少時は親の転勤により九州地方を転々としていたようです。高校は福岡県立筑紫中央高校を卒業し、福岡大学法学部を卒業後にフジテレビに入社しています。地方の大学から大企業であるフジテレビに入社するのは非常に珍しいことなのだそう。
生野陽子 実家 画像2
生野も大学生時代から九州朝日放送の「アサデス。KBC」という情報番組のお天気コーナーでアシスタントをしていたようですが、所詮は地方局ですからフジに入社するのは至難の業といえるでしょう。そこで持ちあがったのが実家が金持ちでコネ入社だったのではないかという疑惑でした。
父親は公務員ということになっていますが、裁判官だったとかテレビ西日本の重役だったらしいという噂まであるようですが、真実のところは分かってはいません。

 

麻生太郎のコネ入社だったのでは?という噂が浮上!

そんな中、父親ではなく祖父が地元・福岡の名士で長く土建業を営んでおり、元首相の麻生太郎の後援会会長をやっているらしいという説もあることが分かりました。これが本当だとしたら麻生議員のコネで生野のフジテレビ入社が決定したという噂もあながち「デマ」とは言い切れない可能性もありますよね。家族ぐるみの付き合いをしているらしいという情報もあるようです。
生野陽子 実家 画像3
以前、有吉弘行と共演した際に「お前なんかコネ入社だもんな!」と言われても意に介せずニコニコしていた生野ですが、実際のところはどうだったのかは今のところは不明です。いくら実力があっても地方大学からいきなりフジのアナウンサーで入社するのは非常に困難なことは事実ですので、裏があったのでは?と勘繰られても仕方のないことかもしれません。
あの高島彩の後任を引き継ぐなどアナウンサーとしては優秀ですし、今では実家のコネ入社などと言われる筋合いのないほど売れっ子アナウンサーですので、入社の経緯はもうどうでも良いことかもしれません。結婚後も会社を辞めないようですし、今後もますますの活躍が期待できそうですね!

 


関連記事

ページ上部へ戻る