管理人の日々の気になったこと

後藤久美子がハーフで母親がタイ人だという噂の真相

元・国民的美少女、現在はセレブな元F1レーサーの嫁として知られる後藤久美子の母親がタイ人だという噂が以前よりありました。

後藤久美子 母親 画像1
なぜ後藤の母親が外国人、しかもタイ人だという噂が流れたのでしょうか?詳しく調べてみたいと思います。

 

エキゾチックな美人顔がハーフ疑惑を生んだ?

後藤と言えば、日本人離れした美しさで「国民的美少女」とも呼ばれた人物です。わずか5歳でモデルデビューしたのも納得できる美しさでした。現在もたまにCMなどで見かける姿は40歳を超えても十分に美しく、まさに美魔女といった雰囲気を醸しだしていますよね。
後藤久美子 母親 画像2
後藤の父親は土建業を営んでいましたが、なぜか母親はタイ人で後藤はハーフであるという噂がまるで本当のように流れていたようです。その理由として考えられるのは、やはり後藤がエキゾチックな美人だったからではないでしょうか。どちらかといえば肌も浅黒く、東南アジア系の血が流れているようなイメージがあったのが一因かも。
東南アジアからの女性を考えた時、まずはフィリピンを真っ先に想像しがちですので、なぜタイ人になったのかは少し疑問が残りますが、もしかしたら父親の仕事に関係があるのかもしれませんね。

 

姉は色白美人!結局母親は純粋な日本人らしい

芸能人の家族が表立って素顔を公表することは少ないため母親の写真などは流出していませんが、近所の方などの話によるとどうやら後藤の母親は純粋な日本人のようです。かつては自宅でピアノ教室をやってらっしゃったということですので、間違いはなさそう。また後藤には兄と姉がいますが、姉の紀子さんは三軒茶屋でcoccoleという雑貨店を経営していたといいます。
紀子さんの店には後藤が海外から買い付けた雑貨が売られていたようですが、現在はお店は辞めてしまったとのこと。お姉さんは後藤とは少しタイプが違う色白美人だといわれていますので、やはり後藤久美子の母親は日本人で間違いないようですね。顔立ちの整った美人顔であるがゆえに、「ハーフでは?」と噂されてしまいがちですが、後藤久美子に関しては両親とも日本人ではないか?というのが正しい情報のようです。

 


関連記事

ページ上部へ戻る