管理人の日々の気になったこと

夏帆の本名は印東夏帆で日本に300人しかいない珍名だった

女優の夏帆の本名が印東夏帆(いんとう かほ)で、日本には印東さんは300人程度しかいないという、非常に珍しい名前だったことが判明しました!
夏帆 本名 画像1
なんだか高貴なイメージのする苗字ですが、どんな起源がある名前なのか調べてみました!

 

桓武天皇の子孫が関係する名前らしい

印東というのは、現在の千葉県北部の下総国印旛郡印東庄がルーツの名前なのだそう。桓武天皇の子孫で「平」という名字を賜った人達に関係するようです。想像通り、やはり位の高い人達に与えられた氏のようですね。
夏帆 本名 画像2
福島県や岩手県、宮城県、青森県などの太平洋側に多くいらっしゃるようですが、夏帆自身は東京都出身ですね。お父さんのルーツがもしかしたら東北地方の可能性も大きいかもしれません。そういえば夏帆の若い頃のぽっちゃりした素朴な雰囲気は東北美人を彷彿させるものがあります。

 

なぜ本名の印東夏帆で活動しなかったのか?

これほどインパクトのある珍しい名字ですから、夏帆ではなく印東夏帆でデビューした方が良かったように思いませんか?ただ、あまりに珍しいので身内の人達がすぐにバレてしまう危険性もありますね。多分そのようなことを考慮して、下の名前だけでデビューしたのだと思いますが卒業アルバム写真の流出でバレてしまったようです。
夏帆 本名 画像3
印東という名前を調べていくと、1800年代に活躍した医師・印東玄得という人物は、日本初の保険医として活躍したといいます。現代でも慶応義塾大学の名誉教授だった印東太郎さんや、印東雅大さんという埼玉医大の脳神経外科の先生、印東道子さんというオセアニアの考古学を専攻する大学教授もいらっしゃいます。
全国に300名、70世帯くらいしか無い名字ですので、もしかしたら夏帆の親戚の可能性もありますね。医師や学者など、しっかりした職業についている方が多い印象ですので、夏帆の実家も同じような感じなのかも?立派な本名に負けないくらい夏帆も大活躍してほしいと思います!

 


関連記事

ページ上部へ戻る