管理人の日々の気になったこと

るろうに剣心の演技で青木崇高に海外から熱い注目!

映画「るろうに剣心」で相良左之助を演じた青木崇高が、海外からも注目を浴びているようです。

るろうに剣心 青木崇高 画像3
その泥くさい演技と男っぽさが、他のイケメン俳優と一線を画しているとして様々な人気ドラマや映画にも出演している青木について、いろいろと調べてみたいと思います!

 

アドレナリンが出てることを実感出来るらしい

映画「るろうに剣心」は主役の緋村剣心役に佐藤健、脇を固める俳優陣は超一流どころばかりと、大きな注目を浴びました。メガホンをとった大友啓史監督と青木はNHKの「龍馬伝」でもタッグを組んだことのある、いわば旧知の仲になります。
るろうに剣心 青木崇高 画像2
いざ衣装に身を包み、アクションシーンが始まるとジワジワとアドレナリンがあふれてくるのを実感したのだとか。連日に渡る厳しいアクションシーンを1シーンずつ撮影してくるうちに、「あ、これがアドレナリンなんだ!」と分かってきたと青木は語っています。
毎日死闘を演じるわけですが、そういった中だからこそ体はヘトヘトでもヤル気がみなぎるアドレナリンが出てくるのかもしれませんね。

 

世界に通用するアクションシーンが高評価!

青木は丹念に役作りをすることでも知られ、かつては役にあった体型を作るために短期間で15キロも体重を増やしたことでも知られます。るろうに剣心では、監督や共演者をはじめ、かつて「龍馬伝」で仕事をした仲間が多かったせいか、比較的すんなり役作りが出来たようですね。
青木が演じた左之助は、剣心の繊細なアクションと違い、大きな激しいアクションが見ものだといいますが、これが何と海外で大ウケなのだとか。アクションシーンに関して、特に監督から細かい指示があったわけではなく「好きにやっちゃって!」と言われていたようなので、青木自身の才能が現れているといっても良いでしょう。
るろうに剣心 青木崇高 画像1
海外での上演があまりに評価が高かったせいか、映画の本場・アメリカのハリウッドからも「るろうに剣心」のリメイク版の依頼があるという噂も・・。2012年には北米プレミア上映を果たしたことのある「るろうに剣心」ですが、2014年版の「京都大火編/伝説の最期編」も前評判も高かったため海外からの注目も半端ないようです。
主役を食う勢いといってもよい、その圧倒的な存在感が世界で認められる日が近いのかもしれません。今後の青木崇高の活躍が楽しみですね。

 


関連記事

ページ上部へ戻る